■ プロフィール

Okiraku Hobby A112

Author:Okiraku Hobby A112
ふかづめオンザナイト

エンジンやモーターを
乗せた物が好きで
カメラを持ってブラブラと見物。

近頃は
狛犬や火の見櫓・鉄塔も観察中(^^)

■ 日 記
■ カテゴリー
■ 検 索

■ コメント
■ カウンター

■ Instagram

■ リンク
■ スポンサー

■ アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自転車でGO! その1
日曜日、子猿たちと妻は実家にお泊りに行ってしまったので

今日は、独身!

さぁ~て、あの子たちのところにGO! (^^)


自転車に跨り走ります。

前からちょっと気になっていたところに向かいます。


工業高校の桜も咲き始めました。
工業高校 桜


キコキコと丘を越えます。

風が無いと暖かいのですが、風が冷たい (>_<)


自動車解体に、懐かしいクルマが。

トヨタ セリカXXボルボ 131/132
トヨタ セリカXX と ボルボ 131/132?

ダットサン ブルーバード
ダットサン ブルーバード


国道1号線を越えます。

ほたる橋南交差点
ほたる橋南交差点

信号を渡ったところに石碑。

天然記念物岡崎源氏蛍発生地」の碑
天然記念物岡崎源氏蛍発生地
史蹟名勝天然紀念物保存法ニ依リ 昭和十年十二月支部大臣指定
昭和十五年三月建設

右の小さいのは、芭蕉の句碑「草の葉を落つるより飛ふほたるか南」
生田蛍 天然記念物指定記念 句碑 八十一歳荒川同楽・・・読めなかった。

説明板より ---------------------------
国指定天然記念物
岡崎ゲンジボタル発生地

 岡崎ゲンジボタルは、竜泉寺川(生田川)、山綱川流域に多く発生していたので、生田蛍ともいう。農業・工業廃液、周辺の都市化等により、ホタルの発生は著しく衰退しているが、地元保存会によりホタルの養殖・河川の美化活動が行われている。
 現在、ゲンジボタルは「河合地区」に発生し、六月上旬の羽化最盛期には、夕刻八時頃、ホタルが飛び交って真に美しい。ホタルの美しさと共に、ホタルの育つ自然環境を市民の宝として後世に残していきたい。
 昭和十年十二月二十四日指定
 昭和四十七年八月二十五日追加指定
 岡崎市教育委員会


隣には、「嘉右衞門の宿 運転者憩いの家」の碑
嘉右衞門の宿 運転者憩いの家
昭和三十七年十月十五日 高井嘉右衞門 寄贈 石匠 新美栄太郎

横の石碑によると ------------------------
交通安全「嘉右衛門の宿」
由来
 嘉右衛門の宿は、昭和三十六年故高井武さんが国道を走るトラック運転手の交通安全を願い無料休憩所として開設されました。昭和四十四年に市が寄附を受け運営してきましたが、交通事情の変化と建物の老朽化により、昭和六十年に閉鎖しました。その経緯を残すため宿の石碑を移設し高井さんの交通安全によせた心情と功績をしるします。
 昭和五十三年三月
 岡崎市長 中根鎭夫


これらの碑は国道1号線と乙川の交差するところにあり

背後には河津桜がキレイでした。

河津桜



山の方にキコキコと進みます。


途中、岡崎市岡町南石原の火の見櫓の安否確認。
岡崎市岡町南石原の火の見櫓

通りを逸れて、細い道を進みます。

細い道

ここは、工場等の集まった辺りの裏になります。

すぐ脇を流れる乙川の河原に降りれる所があったので行ってみます。

堰がありました。

乙川 堰

水量多いなぁ。足滑らせると危ない (>_<)

乙川 堰


道に戻り廃屋のそばに鉄塔。

岡町分岐線 第十一号 チモヌ075
岡町分岐線 第十一号 チモヌ075
中部電力株式会社 平成四年六月建設


家でネットの地図で見ていると この辺りに神社マークがありました。

見た憶えないなぁと思い来てみました。

やっぱりありません。

しばらくウロウロしたのですが見つかんないので

畑仕事をしている年配の女性に聞いてみました。

先ほどの鉄塔脇の廃屋がそうだそうで

川の下に降りて行く階段がありそこにあったそうだ。

もう、気を抜いて無くなったそうだ。

Yahoo!やGoogleやゼンリンのネットマップには まだ載ってます。

さすが地理院のネットマップからは消えてます。


竜宮之宮 岡崎市岡町神明西15

神社マークが地図にあっても間違いなく通り過ぎるね。

竜宮之宮

以前は鳥居とかあったのだろか?

竜宮之宮

完全に廃屋。中には痕跡が見られます。
竜宮之宮

ここが、おばさんの言ってた階段のようです。
竜宮之宮

閉鎖はされてない様なので降りてみます。
竜宮之宮

しっかりした造りで崩れそうも無いので進みます。

クネクネと降りて行きます。
竜宮之宮

もう少し・・・
竜宮之宮

なにか。切った様な柱が2本・・・鳥居の痕かな。
竜宮之宮

上の廃屋の廃墟具合に比べると

切り口がきれいだ。まだ切って間もないのか?


広がる乙川は・・・吸い込まれそうだ。

川と言うより、池の様だった。

先ほどの堰のちょっとだけ 上流なだけなのだが。

竜宮之宮

おばさんの話によると、ここから龍が出て来たらしい。

確かに出そう・・・



後で調べると、

この辺りは岡崎の観光スポット「乙川龍宮渓谷」と言うのだそうだ。


長くいると、引き込まれそうなので

上に上がり次に向かいます。




・・・つづく




****************************

4月3日 追記

市のHPに、こんなお話が載っていました。 → ●●

岡崎の昔ばなし 竜宮の斧(岡町)

ここの事かな?
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:愛知県の三河エリア情報 - ジャンル:地域情報

狛犬さんぽ | 23:34:40 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
少年自然の家あたりも竜宮って名がついてあったような??

定かでありません<(_ _)>
2012-04-03 火 12:40:31 | URL | 韋駄天 [編集]
韋駄天さん
調べたけどわかりませんでした (>_<)

竜宮って多そうだけどね。
2012-04-03 火 21:46:18 | URL | A112 [編集]
話好きのおばさんに出会えてラッキー でしたね。
昔の話を聞いてくれる人がいて おばさんも嬉しかったと思いますよ。
神社でも廃屋になるんですね。
2012-04-04 水 21:20:42 | URL | mogumogu [編集]
mogumoguさん
怪しまれる前に、話し掛けてみることにしています。
ウロウロしてるだけだと怪しいからね~
年配の方は、話し始めると長いので・・・どこで話が終わるのか読めません。
今回の方は、短かったですけどね。

神社跡、これで2回目です。
http://okirakuhobby.blog114.fc2.com/blog-entry-432.html
http://okirakuhobby.blog114.fc2.com/blog-entry-906.html ここは合併になりました
この後にも、移転になった神社後が登場します。
2012-04-04 水 22:33:03 | URL | A112 [編集]
解体屋、一号線の手前のですね。
ここは気になるクルマがいます。
フィガロはなかった?

竜宮の宮、先日 郷土本を読んでいたら書かれていたので、
この辺りを お散歩しようと思っていたのですが、無くなって
しまったんだ・・・
2012-04-08 日 06:34:53 | URL | 明るい朝 [編集]
明るい朝さん
何かしら古い車がいつも居ますね。
いつもは車内から眺めるだけだったので ゆっくり見れました。
フィガロは・・・気がつかなかった。

廃屋の感じではかなり前に無くなったみたい。

そうそう
郷土本、1冊手に入れました。「続・岡崎の観光文化 その3」
奥付見ると書いてる人も、印刷所もご近所さんなんだなぁ。
昨日、残ってないかなぁと思いながら家の前を通りました。

あと、「じぇいあーる」の本も新品が手に入りました。
綴じの接着剤が硬くなってて、開いたら一部ページが取れちゃいましたが。
2012-04-08 日 08:19:28 | URL | A112 [編集]
続・岡崎の観光文化 その3、買いましたか。
私も買おうと思いましたが、その1~3で揃わないので止めました。
2012-04-08 日 08:59:08 | URL | 明るい朝 [編集]
明るい朝さん
悩みましたが買っちゃいました。
もう二度と会えないかもしれないし・・・
2012-04-08 日 22:40:02 | URL | A112 [編集]
竜宮之宮
このブログに気づかず竜宮伝説の調査をしてきました。
竜宮之宮は、廃宮になっていたんですね。 なんか勿体無い気がします。
私は、もう一歩踏み込んで、水中撮影にチャレンジしました。 よろしければ、一度御覧ください。
2012-11-17 土 21:55:07 | URL | てつ [編集]
はじめまして てつさん
水中撮影ですか!?
それは凄い、後で伺います。
2012-11-17 土 23:44:33 | URL | A112 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。