■ プロフィール

Okiraku Hobby A112

Author:Okiraku Hobby A112
ふかづめオンザナイト

エンジンやモーターを
乗せた物が好きで
カメラを持ってブラブラと見物。

近頃は
狛犬や火の見櫓・鉄塔も観察中(^^)

■ 日 記
■ カテゴリー
■ 検 索

■ コメント
■ カウンター

■ Instagram

■ リンク
■ スポンサー

■ アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
かるた その4 な・は行編
西三河のかるた

西三河のかるた普及会編 明治図書出版株式会社刊 です。


当時、内容もよくわからないまま、弟たちとやりました。

子猿3号には まだ難しいらしいです。

アンパンマンのと違って絵で判断できないらしい。字は、まだあまり読めない。



 波しずか三河の海に浮かぶ佐久
西三河のかるた な
 一色町の佐久島は、まわりが九.二七キロノートル、人口7百人の小さな離れ島ですが、海水浴や釣り人でにぎわいます。三河湾国定公園で、渥美半島、三河湾、伊勢湾の景色が美しいので、島には一年三十万人ほどの観光客が訪れます。


 西三河の大地うるおす矢作川
西三河のかるた に
 矢作川は長野県南部の山地から流れ出し、長さ二十四キロノートル、流域面積千九百平方キロメートルです。沿岸が花こう岩で砂の多い川ですが、その水は農業、工業、飲み水に使われ、西三河の各地で使用され、百万人の命の母です。


 額田町三河高原とともに生き
西三河のかるた ぬ
 額田町はなだらかな三河高原の山あいを流れる男川〈おとがわ〉、乙川〈おとがわ〉にそって古くから開けた農山村です。町の八十八が山林で、杉、ひのき、しいたけ、茶、あゆなどがとれます。また闇刈〈くらがり〉渓谷、天恩寺、桜井寺などへ観光客が多く訪れます。



 ねん土こねかわらを作る高浜市
西三河のかるた ね
 碧海台地の崖ぶちから粘土をとり、港から瓦を運ぶのに便利なため、二百年前から盛んになり、日本一の瓦の町となりました。三百余の工場で千億円の生産をあげています。また吉浜町は、吉浜ひよこで有名な県下一の養鶏地です。


 のびる町豊田はむかし衣の里
西三河のかるた の
 大むかし衣の君がこの地方を治め、挙母〈ころも〉といいました。七百年前中条氏が城をたて、佐久間氏余語氏田中氏原田氏内藤氏とつづき、七州城と呼ばれました。長興寺、高月院、舞木廃寺、猿投神社など史跡が多く、むかしは静かな城下町でした。



 発展のもとを作った刈谷の織機
西三河のかるた は
 刈谷が工業の町として栄えたのは、五十年前豊田自動織機の工場ができたからです。この工場を中心に紡織、機械、食品などの工場ができ、約四千億円の生産をあげ、商店千八百、人口十万人の産業都市であり、愛知教育大学もあります。


 百万の足音たかし西三河
西三河のかるた ひ
 西三河は総面積千四百五十七平方キロメートルで件の三分の一をしめ、人口は百万人で県の六分の一、富山県、石川県と同じ人口です。農家四万七千、工場九千五百、商店一万九千で、三河魂をもって町づくり村づくりに励んでいます。


 藤川と岡崎知立は宿場町
西三河のかるた ふ
 今から三百七十五年前、徳川家康は江戸幕府をつくると、江戸と京都を結ぶ東海道に五十三の宿場町をもうけました。これらの町は、今でも宿場のようすを残しています。大平の一里塚や藤川、知立の松並木が昔の旅のようすをしのばせます。


 平和な世菅生の川の夏祭り
西三河のかるた へ
 毎年夏、岡崎の菅生神社の夏祭りには、東海一の花火大会が開かれます。岡崎は昔から三河花火の本場として、工場は約二十、全国の生産額の半分近くも製造しています。この夏祭りと春の家康祭り、秋の岡崎祭りは、岡崎の三大祭りです。


 堀のこす桜井のさと本証寺
西三河のかるた ほ
 安城の桜井は、お姫さんの伝説がある古い町です。長さ八十七メートルの二子古墳や堀内貝塚などの大昔の遺跡があります。本庄寺は真宗の名高いお寺で、お城のような堀や鼓楼があり、重要文化財がたくさん残されています。



・・・つづく
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:日記 - ジャンル:日記

その他 | 00:12:49 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
>内容もよくわからないまま
そりゃ無理もないですよ。 大体が小学生には興味もないことばかりですもの。
4号が暴れる気持ちも分かります(笑)

西尾って六万石なのですね。 岡崎は五万石でしたよね?
(五万石饅頭というのがあると聞いたことがあります)
2012-01-18 水 08:27:41 | URL | YOISHO [編集]
YOISHOさん
何で買ったのかなぁ。欲しかったのかな。
まぁ気に入ったので残してあるのでしょうが。

五万石饅頭・・・知らないなぁ。
ずーと岡崎なのでわざわざ地元の御菓子買わないし
五万石藤見屋じゃない?
2012-01-18 水 23:31:38 | URL | A112 [編集]
>額田町三河高原とともに生き
書くことのない町は、考えるのも大変だ・・・

五万石饅頭、私も聞いたことないですね。
2012-01-21 土 11:28:15 | URL | 明るい朝 [編集]
明るい朝さん
満遍なく取り上げないといけないからねぇ。
大変だったでしょう。
何気に岡崎多い。
2012-01-21 土 23:49:52 | URL | A112 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。