■ プロフィール

Okiraku Hobby A112

Author:Okiraku Hobby A112
ふかづめオンザナイト

エンジンやモーターを
乗せた物が好きで
カメラを持ってブラブラと見物。

近頃は
狛犬や火の見櫓・鉄塔も観察中(^^)

■ 日 記
■ カテゴリー
■ 検 索

■ コメント
■ カウンター

■ Instagram

■ リンク
■ スポンサー

■ アーカイブ
昼食の後はオトガワ!
六供浄水場から帰宅し昼食を食べ

再びクルマに乗り出発です。

午後はどこもかしこも渋滞していて なかなか到着しません (>_<)


男川(おとがわ)浄水場に来ました。 ※去年の日記 →

男川浄水場

岡崎市の主力の浄水場で、三つの浄水場の中で一番大きな浄水場です。

我家の水道の水もここで作られています。

男川浄水場

受付を済ませ

水道水の出来るまでのビデオを見て(子ども向けなのでわかりやすいです)

館内を見てまわります。

男川浄水場

館内の見学を終え外に出ます。

男川浄水場 水道局のマーク入りマンホールの蓋

男川浄水場はその名の通り

すぐ隣に流れている男川から取水しています。

取水口から取り入れた水を沈砂池で砂やゴミを取り除きます。

男川浄水場 沈砂池

かなり大きなウシガエルも一緒に取り込まれたようで・・・

何十年ぶりで見たなぁ。

男川浄水場 沈砂池のカエル

たまに、モクズガニとかも迷い込むようで・・・美味しかったそうな。


男川浄水場も仁木と同じ急速ろ過方式の浄水場ですが

施設などはだいぶ違います。


沈砂池からポンプで着水井に水を送ります。

男川浄水場 沈砂池のポンプ

川の水は、着水井から混和池に送られ薬品と混ぜられます。

男川浄水場 混和池

薬品によって出来た汚れをフロック形成池で大きくさせます。

男川浄水場 フロック形成池

大きな羽根が回って撹拌しています。

男川浄水場 フロック形成池

50mある沈でん池です。

手前から向こう側に行くにしたがって水がきれいになっていきます。

男川浄水場 沈でん池

沈でん池から塩素を注入された水は急速ろ過池に送られ

砂でろ過されて完成です。

男川浄水場 急速ろ過池

やはり地下にある浄水池に溜めておき配水ポンプにて

竜美ヶ丘にある大西配水場の配水池へと送られ

自然流下によって我家までやって来ます。

男川浄水場 送水ポンプ

ろ過池の砂を洗う為の洗浄水槽です。

週一で稼動させるそうで。上りたかった・・・

男川浄水場 洗浄水槽

男川の水をひいて来ている池です。

川の水に異変があったときは

鯉など魚たちの様子によってわかるそうです。

男川浄水場 河川水監視用の池

見学を終了し、ここでもやはり1人2本ずつ水を貰いました。


すでに、2時半・・・時間が無くなってきました。

最終目的地に向かってクルマを走らせます。



・・・つづく
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

その他 | 18:27:53 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
浄水場のハシゴですか。
男川は大きくて面白そうですね。
ポンプは、どこも同じに見えますが・・・

竜小(4年?)の遠足は乙川の浄水場に行きますが、羽根小は行かない?
2011-06-06 月 23:41:19 | URL | 明るい朝 [編集]
明るい朝さん
ポンプは一緒です。
沈でん池とかろ過池の形とかが違いますね。

羽根はなぜか関係のない幸田浄水場に行きます。
上地の辺りは幸田ですが、羽根のあたりは男川ですよね。
遠足としてはあの距離がいいのかな。
2011-06-06 月 23:54:21 | URL | A112 [編集]
ウシガエル、本当に見ません。 以前は声も聞こえたし、道路でのびている姿も見たのですが・・・環境の変化についていけなかったのかな?
ヘビも滅多に見ませんよね~日曜、庭のシャクヤクが変な色をしていたので、よく見るとヘビ! 声をかけても動かなかったので心配していましたが、いつの間にかどこかへ移動したようで安心しました。

モズクガニと言えば上海ガニ。 どうやって調理したのかな?

2011-06-07 火 12:33:37 | URL | YOISHO [編集]
YOISHOさん
カエル自体あまり見なくなりました。
庭からアマガエルの声が時々聞こえますが姿は見えません。

ヘビも見ませんね。
声を掛けた?どのように??「食べちゃうぞ~」って(^^)

カニの調理方法までは聞きませんでした。
茹でる位しか知らないのもので・・・
2011-06-07 火 22:44:54 | URL | A112 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ