■ プロフィール

Okiraku Hobby A112

Author:Okiraku Hobby A112
ふかづめオンザナイト

エンジンやモーターを
乗せた物が好きで
カメラを持ってブラブラと見物。

近頃は
狛犬や火の見櫓・鉄塔も観察中(^^)

■ 日 記
■ カテゴリー
■ 検 索

■ コメント
■ カウンター

■ Instagram

■ リンク
■ スポンサー

■ アーカイブ
吽には♂のしるし
草むらの昴をみた後、東に向かうと

小山の入口に鳥居を見つけました。

神明宮



神明宮 岡崎市竜泉寺町西柄栗9

おおっ!もう狛犬さんが見えてる!!
神明宮

石段をのぼります。
神明宮

石段の途中にある鳥居は、天保六乙未年正月吉日と刻まれています。
神明宮


狛犬さんの登場です!!

正面は木があり、足場も狭いので台座ごとの写真が撮れませんでした。

明治四十年旧(?)八月と刻まれています。
神明宮の狛犬

他の所の狛犬に比べちょっと細身。中肉中背って感じかな。
神明宮の狛犬

風化の為か、若干メリハリが無くなって来ちゃってます (>_<)
神明宮の狛犬

判り難いですが、吽形の狛犬の股間に少し膨らみが有ります。♂かな。
神明宮の狛犬

前の道をクルマが結構スピードを出して頻繁に通り過ぎていきます。
神明宮の狛犬


さらに石段を上ります。
神明宮

拝殿前には狛犬さんは居ませんでした。
神明宮

手を清めれない水盤。
神明宮

拝殿
神明宮

拝殿脇から神殿を覗いてみました。木でよく見えません。
神明宮

注連縄の張られた倉庫(?)とトイレ。
神明宮

脇に道があり、建物が見えるので行ってみます。
神明宮


実相寺と言うお寺でした。
実相寺

観音堂の宝珠
この宝珠は、当観音堂の屋根の頂に置かれていた物で
安永三年(一七七四)岡崎伝馬の加納云々作と刻まれている。
旱魃の折にはこの宝珠を降ろして雨乞い祈願をしたと伝えられている。
平成十四年十一月佛日 大開帳屋根替
実相寺
実相寺

お寺なので早々に退散 (>_<)


再び石段を降りて行きます。

鳥居の上は石だらけ・・・ちょっと下通るの怖いなぁ。
神明宮

自転車に乗りこのまま東に向かって

火の見櫓の安否確認しようかと思いましたが

あまりに暑いので、ここで折り返します (>_<)


途中、広い歩道に車止めが乱立・・・走りにくい。
クルマ止め





・・・つづく



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

愛しの狛犬さんマップ に場所を載せています →

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

狛犬さんぽ | 23:30:03 | トラックバック(0) | コメント(4)
次のページ

FC2Ad

まとめ